私は一度、派遣の会社に登録をしたことがあります。

派遣コーディネーターとのやり取りエピソード

派遣コーディネーターとのやり取りエピソード
派遣コーディネーターとのやり取りエピソード

私は一度、派遣の会社に登録をしたことがあります

35歳 女性

私は一度、派遣の会社に登録をしたことがあります。
派遣コーディネーターと呼ばれる人が、登録した後すぐに仕事を紹介してくれました。
その仕事は、ある工場での仕事だったのです。
その当時、時給750円で8時間の仕事ということで、一応承諾して行くことにしたのです。

そしてその日の夜に、派遣コーディネーターから電話が掛かってきました。
別の仕事もあるので、そちらの方はどうですかという内容だったのです。
そちらの方は時給が900円ということで良かったので、そちらの方にすることにしました。

時給の高い仕事の情報が入ってきた時に、すぐに知らせてくれたのが良かったです。
そして、仕事の内容のことについてちゃんと教えてもらいました。
どのような内容になっているのか、そして他にも何人同じ派遣会社から派遣されるのかについての説明もあったのです。
同じ会社からは4人ほど参加するということで、非常に安心しました。

丁寧に対応をしてもらえたので、良かったです。

アベノミクスが期待されている日本経済も

38歳 男性

アベノミクスが期待されている日本経済も、未だに中小企業には厳しい就職状況がある時代です。
このような時代に、自ら社員で仕事を探すのは難しいので、派遣会社に登録して仕事先を紹介してもらおうと、登録しました。

登録はすぐに行えて、すぐに就職先を紹介してもらいたい人に、派遣コーディネーターが担当として付いてくれます。初めに言われるのが、妥協する部分と妥協できない部分を聞かれます。例えば、給料はいくら以上だとか、勤務地はどのあたりが良いだとか相談するのですが、全て好待遇の仕事先は、派遣会社でも当然難しく、妥協するポイントを絞られます。
例えば、休日は日曜と祝日のみでも可能だとか、残業も行えるなど、自分の売り込み要素を作る必要があるのです。
そのように、派遣コーディネーターが絞ってから、私に数社該当する企業を紹介してくれます。
実際に行きたいと思えば企業に出向いて、面接を行ってもらう必要があるのですが、このような時代なので、数日悩んでいると〆切っている場合も多いとのことです。

注目情報